メルストヘルプページ

ギルドについて

ギルドについて

狂暴化するモンスターに対処するため、癒術士の実技向上を目的として開催されているギルドバトルに参加することを目的とした最大20名の集団になります。

ギルドの設立・加入について

ギルドの設立及びギルド加入のタイミングから24時間の間は、新たなギルドの設立及びギルド加入はできませんので、ご注意ください。また、ギルドバトルへの参加はギルドに参加した翌日以降からとなります。
※ランキング報酬配布のためのギルドメンバー確定の処理を行っている間(毎月1日深夜1:00~3:00頃)もギルドの入退団を制限させていただいておりますので、ご注意ください。

ギルド名について

ギルド名は8文字以内で設定いただけます。
ギルド名は変更から1週間の間は、再変更できませんので、ご注意ください。
また、ギルドバトルトーナメント参戦中など、一定の条件下でギルド名変更を制限させていただく場合もございます。

ギルドマスターについて

ギルドの設立者でリーダーになります。
ギルドサブマスターの任命や、ギルド役職の任命、ギルドメンバーの承認・除名、ギルドバトルのエントリー/防衛設定、給水塔の利用等、ギルドにまつわる全権を持っています。
尚、ギルドマスターが7日間以上ログインしていなかった場合、ギルドマスター職はギルドサブマスター、ギルドサブマスター不在の場合は、もっともLvの高いギルドメンバーに自動交代いたします。

ギルドサブマスターについて

ギルド役職の任命や、ギルドメンバーの承認、ギルド名・ギルド説明の変更、ギルドバトルのエントリー/防衛設定、給水塔の利用等、ギルドにまつわる管理権能を持っています。
人数上限なく、任命可能です。

ギルドメンバーについて

ギルドに所属しているメンバーになります。
ギルドバトルに参戦/防衛設定したり、ギルド施設に投資したり、ギルドログに参加したり、ギルドメンバーにユーザー救援を送ることができます。

ギルド役職について

ギルドバトルで下記の効果を発揮する役職を任命することができます。
役職の任命はギルドマスターとギルドサブマスターの権能となり、ギルドバトルが開催されてない日、もしくは、ギルドバトルの開催時間外(22:40~7:59)に行えます。
ギルドマスター職やギルドサブマスター職との兼任は可能ですが、下記の役職内での兼任は不可となります。

・チアリーダー
ギルドバトル時の応援の効果が上昇
SP200増 → SP300増
任命数上限 : 2名
・チアメンバー
ギルドバトル時の応援の効果が上昇
SP200増 → SP250増
任命数上限 : 5名

・プライリーダー
ギルドバトル時の祈りの効果が上昇
防衛シードモンスターの体力を2.5%強化 → 3.5%強化
(攻撃力は上記の1/10を強化)
任命数上限 : 2名
・プライメンバー
ギルドバトル時の祈りの効果が上昇
防衛シードモンスターの体力を2.5%強化 → 3.0%強化
(攻撃力は上記の1/10を強化)
任命数上限 : 5名

・サリーリーダー
ギルドバトル時の争奪ptが上昇
ふつう:争奪1.5% → 2.5%
ムズ :争奪2.0% → 3.0%
激ムズ:争奪2.5% → 3.5%
任命数上限 : 2名
・サリーメンバー
ギルドバトル時の争奪ptが上昇
ふつう:争奪1.5% → 2.0%
ムズ :争奪2.0% → 2.5%
激ムズ:争奪2.5% → 3.0%
任命数上限 : 5名

サリー職による争奪ptの補正は一撃獲得GPランキングには加味されません
※ SSリーグ、S+リーグでのギルドバトルにおいては、上記の役職効果を含んだ数値より0.5%祈りの効果が上昇します。
※ SSリーグ、S+リーグでのギルドバトルにおいては、上記の役職効果を含んだ数値より1.0%争奪ptが減少します。

ギルド施設について

ギルドには下記の17個のギルド施設があります。
それぞれの施設を発展させると、ギルドメンバー全員が様々な恩恵を受けられますので、資材を入手したら、積極的にギルド施設に投資していきましょう。

・祭壇:施設Lvに応じて、クエスト開始時の初期SPの量が増えます。施設Lv上限は120となります。
・医療所:施設Lvに応じて、クエストに出撃するユニットの体力が上昇します。施設Lv上限は120となります。
・訓練所:施設Lvに応じて、クエストに出撃するユニットの攻撃力が上昇します。施設Lv上限は120となります。

・剣技場:斬撃ユニットの体力と攻撃力がアップいたします。施設Lv上限は100となります。
・鍛錬場:突撃ユニットの体力と攻撃力がアップいたします。施設Lv上限は100となります。
・武術場:打撃ユニットの体力と攻撃力がアップいたします。施設Lv上限は100となります。
・弓射場:弓矢ユニットの体力と攻撃力がアップいたします。施設Lv上限は100となります。
・研究所:魔法ユニットの体力と攻撃力がアップいたします。施設Lv上限は100となります。
・銃射場:銃弾ユニットの体力と攻撃力がアップいたします。施設Lv上限は100となります。
・礼拝所:回復ユニットの体力と攻撃力がアップいたします。施設Lv上限は100となります。
※ 剣技場、鍛錬場、武術場、弓射場、研究所、銃射場、礼拝所については、早熟タイプは最大効果を、平均タイプは早熟タイプの約67%の効果を、晩成タイプは早熟タイプの半分の効果を受けることができます。
・炎の神殿:出撃パーティの炎属性補正値がアップいたします。施設Lv上限は120となります。
・水の神殿:出撃パーティの水属性補正値がアップいたします。施設Lv上限は120となります。
・風の神殿:出撃パーティの風属性補正値がアップいたします。施設Lv上限は120となります。
・光の神殿:出撃パーティの光属性補正値がアップいたします。施設Lv上限は120となります。
・闇の神殿:出撃パーティの闇属性補正値がアップいたします。施設Lv上限は120となります。
・食堂…施設Lvに応じて、クエストに出撃している主人公の体力が上昇します。加えて、下記の内容で仲間救援で出現するユニットのGutsやユーザー救援で救援に派遣するユニットのGutsが上昇します。施設Lv上限は120となります。
Lv1~Lv25:仲間救援・救援に派遣するユニットのGutsが1段階になる。
Lv26~Lv50:仲間救援・救援に派遣するユニットのGutsが2段階になる。
Lv51~Lv75:仲間救援・救援に派遣するユニットのGutsが3段階になる。
Lv76~Lv99:仲間救援・救援に派遣するユニットのGutsが4段階になる。
Lv100~Lv110:仲間救援・救援に派遣するユニットのGutsが5段階になる。
Lv111~Lv119:仲間救援・救援に派遣するユニットのGutsが6段階になる。
Lv120:仲間救援・救援に派遣するユニットのGutsが7段階になる。
※ギルドバトルでの仲間救援に関しては、開催されているギルドバトルの所属リーグに応じて、下記の係数を乗じます。ギルドバトルに参加しているユーザーに向けてのユーザー救援では下記の係数は掛かりませんので、ご注意ください。
SSリーグ:4倍
Sリーグ、S+リーグ:3倍
Aリーグ :2倍
Bリーグ :1倍
※降臨イベントでの仲間救援に関しては、出現中の降臨モンスターのLvに応じて、下記の係数を乗じます。降臨イベントに参加しているユーザーに向けてのユーザー救援では下記の係数は掛かりませんので、ご注意ください。
Lv1~Lv20:1倍
Lv21~Lv40:2倍
Lv41~Lv60:3倍
Lv61以上  :4倍
・貯水庫…施設Lvに応じて貯水庫にBpを貯水できる上限量及び貯水効率が上昇します。朝の部、昼の部、夕の部、夜の部のギルドバトル開催中であれば、ギルドの全メンバーが貯水庫からBpを補給することが出来ます。施設Lv上限は120となります。クエストクリア時にBpが上限を超えた場合、上限値を超えたBpが減衰しつつ自動的に貯水庫に貯水されます。
※ ギルド画面のバトルマップ下部の「貯水庫」ボタンより、取り出すことができます。
※ 24時間Bpを貯水することができ、リセットはされません。
※ 前日までにギルドに加入したメンバーが不思議な泉で獲得した1000Bpを超えた分のBpについては、貯水庫の施設レベルに応じて減衰されつつ、貯水庫に送られます。
※ 暴走モンスターイベント及び降臨モンスターイベントではBpを引き出すことは出来ません。
※ 貯水庫はテンポラリ施設群には含まれず、テンポラリ施設開放による影響を受けません。
※ 貯水庫から取り出したBpは総消費Bpランキングの貢献度には含まれません
※ 貯水庫にBpが貯水される際、小数点以下のBpは切り捨てとなります。
・給水塔…施設Lvに応じて、貯水庫のBpを回復させることができます。施設Lv上限は120となります。
※ ギルドマスター、ギルドサブマスターの権能となります。
※ 貯水庫からBpを取り出すことのできる時に、使うことができます。
ギルド単位で、1日1回使うことができます。
※ 貯水庫の貯水上限を超えて回復させることはできません。

テンポラリギルド施設について

ギルド所属の有無を問わず、ゴルドかダイヤを消費することで、特定Lvのギルド施設を6時間利用可能となります。
ギルドに所属していた場合、所属ギルドの施設とテンポラリ施設を比較し、効果が高いほうの施設効果が適用されます。
テンポラリギルド施設を使用中に再使用しますと、効果の大小を問わず、新しい方で上書きされます。
※ 貯水庫はテンポラリ施設群には含まれず、テンポラリ施設開放による影響を受けません。

ページトップへ PAGE TOP
corporate logo
© Happy Elements K.K